メイソンピアソンのヘアブラシは全く違います

私が長年憧れているヘアブラシはイギリスの最高級のブラシメーカーであるメイソンピアソン社の物。「ブラシ界のロールスロイス」と評されるほど世界中の美容業界やセレブたちから愛されているブラシで、雑誌やテレビなどでも度々紹介されています。
猪毛を使って熟練の職人たちが一つ一つ丁寧に仕上げていく事もあり、そのお値段はブラシとしてはかなり高額。
なかなか気軽に手を出せる物ではありません。
しかし先日、20年来の親友のところに待望の女の子が生まれ、そのお祝いとして贈ったのがメイソンピアソンのヘアブラシ。
猪毛とナイロンがミックスされたタイプの物だと少し手が届く値段になるため、ママと一緒に使ってもらう事を想定して大人サイズの物を選びました。
すると早速使ってみた友達は大絶賛。
梳かす度に髪の状態がどんどん良くなっていく事を実感しているそうなのです。
ナイロンの部分が心地よく頭皮に刺激を与え、猪毛がツヤツヤ髪に導いてくれているという効果がはっきり分かり、すっかり虜になってしまったと少々興奮気味に喜びの電話を貰いました。
里帰り中だった為、試しに自分のお母さんやお祝いに駆けつけたお姉さんにも貸してあげたところ、2人もすっかり気に入ってしまい、早速翌日には百貨店に足を運んで買って来られたそうです。
こんなに喜んでもらえたプレゼントはもしかすると初めてかもしれません。
自分まで幸せな気分にさせてもらうと同時にメイソンピアソンのヘアブラシの素晴らしさを再認識することが出来、私も試しにこのタイプのブラシを買う決心をしたのです。
当初憧れていたヘアブラシとは違うタイプの物ですが、初めて手にした時は嬉しくて時間が経つのを忘れるくらいしばらく眺めてしまうほど感動的でした。
実際の使い心地は頭皮がほぐれて血行が良くなるのがはっきりと分かるほど心地良く、髪がどんどん艶やかにまとまり易くなるという変化を感じています。
もっと早く買っておけば良かったと後悔する程のお気に入りアイテムとなり、今後も大切に使って行きたいと思っています

そんなメソンピアソンの事をしっかりと書いてあるサイトがあるので紹介したいと思います。
このサイトはメイソンピアソンについてしっかりと事細かく書いてあり
更にしっかりとサイトの管理人が購入して使用し、レビューを書いてあるので凄い良いサイトです。
もしこれからメイソンピアソンを買おうと思っている人は見たほうが良いですよ
→ メイソンピアソンの通販はこちらから

Posted in ヘアブラシ, メイソンピアソン | Leave a comment

ヘアブラシのお手入れの仕方

髪をといてつやつやにしてくれるヘアブラシですが、使い続けていくとほこりがたまってきます。
1本1本のブラシの根元にわっかになってたまるほこりがすごく気になります。
髪についているほこりがブラシについてこうなるのかななんて思ってしまいます。

いつも、抜けてくしに絡まった毛はしっかりとるのですがほこりまでは目が行き届かず、気がついたらそのまま放置しています。
でも、どうやったらうまく取れるのか分からず、とりあえず細いものを使ってとってみることにしました。

まずはほそいくしのもち手部分を使って毛と毛の間の絡まっている髪の毛を取ります。
次に綿棒でくるくる回しながらほこりを取っていきます。
結構取れます。
最初にくしをぬらしておくと取れやすいです。

爪楊枝を使ってとるとすごく取れやすく、きれいに取れます。

でも、この方法だと、時間がかかることも事実です。
テレビを見ながらくしを掃除していたのですが、1時間くらいかかりました。
でも、全部とれてはいないんです。
まだ、少し残っています。

もっといい方法はないかといろいろ考えた結果、細い歯ブラシを使ってとると取れるんじゃないかと思い、試してみることにしました。
歯を磨くような感じで軽くごしごしと取ると髪の毛やほこりが歯ブラシに絡まってきれいに取れるんです。
感動しました。
こんなにきれいに取れるなら今度から歯ブラシを使ってとろうと思いました。
もちろんはブラシは未使用のものを使い、くし専用にしました。
くしの先端にぐっと押し込んでから軽くとるのがポイント。
強くこするとくしが傷んでしまいそうな感じがするので気をつけています。

ほこりを取った後はもう一度水圧で洗ってから、しっかり乾かして完了です。
きれいになったくしはすごく見違えるほどきれいに仕上がります。

歯ブラシでの方法は時間もそんなにかからないのですごくいいと思いました。

髪をきれいにするために使っているくしなので、汚れたくしではなくきれいなくしを使いたいですよね。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

ヘアブラシを使い分けて髪の毛をケア

髪にブラシを通すのは、一日4~5回くらいですが、それぞれに適当なヘアブラシを使い分けて髪をケアしています。
まず、朝、寝起きの乱れた髪を梳かすヘアブラシは目の粗い大きめの物を使います。就寝中に髪の毛が絡まったり寝癖がついたりしているので、目の細かいブラシやクシを使うと髪の毛を傷めてしまいそうだからです。寝癖が酷い時には、ブラシに軽くぬるま湯をかけて、湿らせてから梳かすと癖が取れやすくていいですよ。
昼、持ち歩いて出かけ先でヘアスタイルを直す時に使うブラシは、毛の少ないコンパクトな折り畳み式の物です。毛の少ないブラシは静電気が起こりにくく、外出先でササッと髪を直したい時や湿度の高い時にも、髪がボワンとなならないので重宝しています。
夜、シャンプーの前後に使うヘアブラシはマッサージ効果の高い、質の良い物です。梳かすだけで頭皮まで刺激できて気持ちいいですよ。シャンプー前にも必ずブラッシングして、シャンプー時に髪が絡まらないように気をつけています。
ドライヤー時に使うブラシは、カール用の丸いブラシで、髪の内側にブラシを当て、毛先を軽く内側に巻くようにして使っています。
最後に、寝る前にも軽くブラッシングするのですが、この時はクシを使います。肌に使う美容液や乳液を髪にも馴染ませ、一日の髪の癖を取るような感じで、ゆっくりとまっすぐに梳かします。こうしておくと、翌朝の髪がしっとりと落ち着いてまとまりやすくなるんです。
基本的には、ブラシは髪の内側に当て、毛先から梳かし始めます。今、肩より少し長めのセミロングなのですが、なるべく切れ毛や枝毛を作りたくないので、毛先のブラッシングは丁寧にするようにしています。ヘアブラシを幾つか使い分けると、髪に無理な負担を掛けずに済むのでいいと思います。
また、良いヘアブラシを使うと梳かすだけで髪にツヤが出るので、一本くらいは値段の高い、上質なブラシを持っていてもいいんじゃないかと思います。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

お気に入りヘアブラシ

ヘアブラシはやっぱりきちんと選んだ方が良いようです。
学生時代は100円ショップで買ったプラスチック製の物を使っていましたが、大人になった今は豚毛のロールタイプのヘアブラシを使っています。プラスチック製の物だと静電気が結構発生して、空気が乾燥する秋冬の時期は髪が広がりやすくなり大変でした。でも豚毛の物はふつうに優しくとかせば頭皮にもほどよい刺激となり気持ちが良いですし、髪に艶が出ます。子供が産まれてからは一緒に使っていますが子供の髪も優しくとかしてあげると髪に付いたほこりもきれいに取り除けますし気持ち良いみたいです。今使っているヘアブラシはマークスアンドウェブのもので、柄がバンブーではないタイプの方です。ロールタイプなので、子供の寝癖をブローして直すときにも髪を内まきにしやすいですし、自分が夜お風呂上がりに髪を乾かすときにも使いながら乾かすと仕上がりが艶やかです。そしてこの時、ドライヤーを当てる前に毛先中心にオイルタイプの洗い流さないヘアトリートメントを適量つけるとよりいいです。もちろんこのヘアブラシを使いながら乾かすことで均一にヘアトリートメントが髪についてくれるのでより美しい
、手触りのなめらかな仕上がりになります。このようなわけでこの豚毛のヘアブラシは本当に使えます。もう何年も使っていますが使用感も変わらず柄も持ちやすく使いやすいので、今後も愛用していきます。そして加えてもう一つ、同じマークスアンドウェブのシャンプーブラシもいいです。手のひらサイズでしっかりつかめるので使っている時安定感があります。そして毛先がやわらかくて、でもしなりながらきちんと毛穴の汚れを優しくきれいにしてくれます。おかげで力を入れすぎて頭皮に傷がついてしまうこともなく、でも頭皮の臭いがすっきりなくなる気持ちよさを実感することができています。頭皮が敏感な私ですが、指のはらで擦るよりもやさしくこのブラシを小刻みに動かしてあげる方が洗った後も地肌の調子が良いです。かなり敏感な人の場合は1週間に二回ぐらいとかにしてあげてもいいかもしれません。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

美しい髪の毛の為にはまずヘアブラシから

美しい髪の毛のためにはブラッシングは欠かせません。しかし間違ったブラッシング方法では、髪の毛を傷めてしまうこともあり、正しいブラッシングを身に着ける必要があります。まず、ブラッシングをする時に使うヘアブラシを選びます。髪の毛には細い、太い、くせがある、ないなどの特徴があるように、自分自身の髪の毛のタイプを見てみましょう。細い髪の毛は絡まりやすく、目の詰まったヘアブラシでとかすよりも、目の粗いスケルトンブラシで髪の流れに沿ってとかすと良いでしょう。髪が太い、量が多めの人には、目の詰まったデンマンブラシなどがおすすめです。くせがある人におすすめのヘアブラシは猪や豚の毛を使ったヘアブラシです。クセをしっかりと伸ばす効果があるので、ストレートパーマをかけなくても、ある程度のクセであれば猪や豚の毛のブラシでブローすればストレートヘアーを作ることが可能です。このヘアブラシは静電気を起こしにくい利点もあります。静電気は髪の毛を傷めてしまう原因の一つでもあるため、髪の毛を優しくいたわる方法としてもおすすめのヘアブラシです。クセのない真っすぐな髪の毛をカールさせたり、クセをつけたりするにはロールブラシを使います。内巻き、外巻きなど好みの方向にカールさせて使います。ブラッシングは基本的に毛先のからみを取ってから全体をとかします。毛先を中心にスケルトンブラシやデンマンブラシを使って丁寧にとかします。髪の毛を洗う前にとかす時も、毛先をといてから続いてトップから毛先へととかします。洗った後の濡れた髪の毛をとかす時は、出来るだけ水分をふきとってからヘアブラシを使います。水分はタオルを使って丁寧にふきましょう。濡れた髪の毛をとかす時に髪の毛を傷めてしまうことも多いのです。それからヘアブラシを清潔に保つことも、美しい髪の毛を維持するためには必要なことです。シャンプーの際に一緒に水洗いするのもおすすめです。水洗いする前には付着している髪の毛やホコリはきちんと取り除いてから行いましょう。美しい髪の毛の為にはヘアブラシも髪の質や用途に合わせると良いのです。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

ヘアブラシのメリット

ヘアブラシには様々なものが存在しており、使い分けることによって髪をより健康な状態に保つことが出来るようになります。

たとえば、頭皮というのは血行を刺激してあげることによって活性化されるものなのですが、血行を刺激するにはブラシが適しており、手で無理矢理刺激を与えてしまうと、刺激が強すぎて却って血行が悪くなってしまうのです。

ですので、もし髪の毛をより健康的な状態にしたいと考えるのであれば、思い切って豚毛ブラシを購入してみましょう。

豚毛100%のブラシは一本3000円以上はするので少々高価なのですが、一度買ってしまえば一生使うことができますし、扱いも意外とカンタンです。

たとえば、ブラシというのは使い続けているとどうしても、奥の方にホコリなどが溜まって汚れてしまいがちなのですが、そういった汚れは掻き出せばOKですし、わざわざ濡らして洗わなくても管理することは可能です。

逆に、「同じ毛なのだからシャンプーで洗えばいいのではないか」などと考えて洗ってしまうと、その水気と界面活性剤によってどんどん毛が摩耗してしまうので、美容効果を失いたくないのであれば、極力水に濡らすのは避けるようにしましょう。

また、豚毛のブラシを使う場合は、使う前にガーゼを奥まで押し込んでおくとガーゼが頭皮の汚れをしっかりキャッチしてくれます。

これは介護の現場など、なかなか髪を洗うのが困難な方などにも用いられている方法なので、ぜひとも試してみて下さい。

もちろん、ガーゼは使うたびに新しいものに交換すれば常に清潔な状態でブラシを使い続けることができるので、できれば豚毛のブラシはガーゼとセットで購入するようにしましょう。

豚毛のブラシをうまく使い続けることができると、髪の毛がどんどん艶々になってきます。

プラスチックのクシを普段使いしてしまうとどうしても摩擦で髪が傷みますし、動物の毛を使えば自然な艶を出すことができるので、まだ持っていない方はぜひとも購入してみだくさい。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

細くて絡みやすい私の髪にピッタリ

髪が細くて絡まりやすい質で、以前からとても悩んでいました。
シャンプー後によくケアもせずそのまま寝てしまうと翌朝の髪は
毛先を中心にブラシが通りづらくて、切れ毛の原因になってしまっていました。
なので、シャンプー後は、よくタオルドライしてから
毛先の先端から順にそっとブラシを通して整えてから寝るように心がけています。

それでも、朝起きると絡まりが全くないわけでは無いし、
夜ゆっくりケアを行う時間が無い事もあるし、何かと面倒なので、
何かいい解決方法は無いかと探していましたら、
マイナスイオンブラシがいいというのを知りました。
ネットで1000円前後で売られていたのでそちらを早速購入してみました。

見た目は何の変哲もない普通のプラスチック製のブラシに見えたのですが、
ブラシに天然鉱石トルマリンが練り込まれているそうで
それがマイナスイオンを放射して髪に負担をかけず滑らかに梳かしてくれるとか。
髪と地肌をリフレッシュさせる効果もあるそうです。

早速使ってみましたら、絡まっている部分を梳かす時はさすがに少し引っかかるものの
一度梳かすと、その後絡まりにくくなりました。
あんなに梳いても梳いても絡まった髪が見事に絡まないです。

それからは毎日、シャンプーした後のタオルドライした髪に
毛先から順に慎重に梳くと言う点は変わらず気を付けながら使っています。
夜に良く梳かして、翌朝見ると全然絡まりがなく、指が普通にスルンと通る状態になっていて
とても朝のセットが楽です。

使い続ければ続けるほどブラシ通りが良くなってきて、
今ではそんなに絡まって引っかかると言う事も無くなりました。
あまりヘアオイルなどはつけていないのですけれど、
髪自体もツヤツヤになってきて、ブラシひとつでこんなに変わると
思ってなかったので凄く嬉しく思っています。

そんなに高価なものでのもないし、梳かすだけで面倒なケアもなくていいので
とても簡単に絡まらずにキレイな髪にできるケア方法だと思います。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

あなたは理想的なヘアブラシを使っていますか?

ヘアブラシをしっかり選んでいる人はどれくらいいるのでしょうか?

私が若かりし頃は様々な雑誌でヘアブラッシングの重要さや
その正しい使い方などの特集が組まれていました。

ところが次の時代ブラッシングによってキューティクルを
傷つけてしまう事が指摘されブラッシングは
それ程重要視されなくなったような
気がします。

シャンプー前にほこりを落とす程度か
又は殆んどブラッシングはせずに手グシで整えて
おしまいという人もいるくらいです。

それはこのとこころというか
長いこと手グシで整えるだけのナチュラルなヘアスタイルが
もてはやされていること。
又はヘアブラシよりもドライヤーやコテの方に
注目が集まり新製品次々に発売され家電量販店では
ヘアドライヤーコーナーが大きく場所をとっています。
確かに間違った方法でブラッシングをすることにより
キューティクルはおろか、地肌まで傷をつけてしまっては
綺麗な髪を維持することはできません。

では本当にブラッシングはそれ程必要ないものなのでしょうか?

私はそうではないと思います。

なぜなら年齢とともに髪も痩せてしまうと言われていますが
私の場合は若い頃よりも艶とボリュームがあります。

もちろん若い頃は強くパーマをかけていましたし
その頃から比べるとパーマ液もシャンプーなどのヘアケア用品も
良いものが出たからでもあります。

しかし、40代も半ばになった頃
将来が心配になり今までよりも髪に良いものをと考え
研究した末(ラ カスタ)という商品に出会い
シャンプー、コンディショナー、美容液を
そちらのものに変えました。

そして、そちらのカウンターで紹介されたのが(ラ カスタ)の
ヘアブラシだったのです。

少し大きめのヘッドのクッションブラシです。

店員さんに教えていただいたように
首の後ろから前へ、またその逆も。
マッサージするように使ってみたら
本当に気持ちがよく、まるでヘッドマッサージを
受けたあとのような爽快感がありました。

その後毎日ブラッシングを続けているうちに
私の髪は50代には見えないほどの
艶とボリュームを保ち続けているのです。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

頭皮の血行を促進するブラシ

ヘアブラシを使うときの目的は身だしなみを整えるということだけではありません。
最近販売されているブラシには、髪にツヤを与えてくれるような素材のものや、静電気の発生を予防してくれるものなど様々な種類があります。
そしてヘアブラシの役割として重要なものの1つに頭皮の血行を促進してくれるという効果があります。
髪の毛を整えるだけでなく、血行促進に効果のあるヘアブラシを選ぶことで頭皮に直接作用してくれ抜け毛や薄毛の予防にも役立ってくれます。
また血行が良くなった頭皮は健康な状態になるため、髪の毛の再生も促してくれる効果があります。
頭皮マッサージという観点から考えてもヘアブラシを効果的に用いることで同時に様々な良い影響を与えてくれます。
頭皮のマッサージをするということから考えるとどのようなヘアブラシを選べば良いのかというと、天然毛のブラシがお勧めです。
ドラッグストアなどでも販売されている豚毛のブラシなども頭皮の血行促進には効果的です。
ブラッシングをするタイミングもとても大切です。
朝身だしなみを整えるときに、寝ている間に絡まってしまった髪の毛を解きほぐすように毛先の方からブラッシングをし始めます。ある程度絡まりが取れスムーズにブラシが髪の毛に通るようになったら、頭皮のマッサージをするようにブラシを頭皮に沿って適度な強さでブラッシングをします。
そして1番効果的なブラッシングのタイミングは夜シャンプーをする前です。
シャンプーをする前に頭皮の血行を良くしておくことで毛穴につまった油をシャンプーで効果的に取り除くことが可能になります。
そのためにシャンプー前のブラッシングがとても大切になってくるのです。その時のブラッシングの方法としては朝行ったブラッシングとは異なり、毛の流れに沿ってブラシをかけるだけでなく流れとは反対方向に向かってのブラッシングも同時に行うことで、より頭皮の血行が良くなります。
天然毛のブラシを用いてのブラッシングは、地肌に良い影響を及ぼす事は説明いたしましたが髪の毛にも無駄な力を掛けることなく傷めずにツヤやハリを与えることが可能です。
ぜひいちど試してみることをお勧めします。

Posted in ヘアブラシ | Leave a comment

頭皮ケアから髪ツヤまで

元々、“お道具”系の類いが好きで、雑誌などで『一生物アイテム』など紹介されていて、ピンときたらすぐ入手していましたが、結局は衝動買い、使いこなせず、お蔵入になる始末でした。
2年ほど前から、髪を伸ばし始めたのがきっかっけで、年齢的にもですが、元来、太くてコシハリのあるしっかりした髪質ながら、所々うねったりする癖もあるので、ストレートでキレイに伸ばすのはかなりの難題ではありましたが、スカルプケアにも興味を持ち始め、顔のたるみも頭皮ケアによって全然違うことや、当然ながら髪にも良い事を知り、美容師の友人に相談をし、まずは天然毛の豚毛ロールブラシとブラッシング用のブラシを、その友人に頼んで、オススメを購入してもらいました。
ロールブラシはスタイリング用、ブラッシングブラシはそのまま普通にブラッシング用として。
ちゃんとした豚毛ブラシで丁寧にブラッシングすると、本当に髪の艶が出てきます。
次に購入したのは、アヴェダのパドルブラシ。
これは、簡単頭皮マッサージグッズとして、そして毎日、夜シャンプーする前に頭皮を頭の天辺に向かってブラッシングするだけで、その後のシャンプーの予洗いがスムーズになり、しっかり予洗い出来ることによって、シャンプー自体の量が減りました。
少量のシャンプー剤でもしっかり泡立つように。
そしてお風呂上りは、アウトオブバストリートメントを付け、それをまんべんなく行き渡らせるのと、毛先のもつれがないように、荒いコームで梳かし、フィンガーブロウで乾かし、最後にデンマンブラシでカタチを大まかに整える程度にブラッシング。
洗い立てのデリケートな髪にはあまりブラッシングしたくありません。
翌朝はまたパドルブラシで同じく。
血行を良くし、寝起きの顔を少しでもシャッキリとさせる目的と、寝癖直しで塗らす際もバドルでブラッシングした後は濡らしやすいです。
出先では、バッグによって豚毛を持ち歩けないので、アナスイの携帯ブラシが殆どですが、まぁそこそこ、携帯タイプにしてはいいかな、という感じです。
豚毛の満足いく携帯用を探しているところです。

Posted in ヘアブラシ, 未分類 | Leave a comment