ヘアブラシを正しく効果的に使うポイント

ヘアブラシを正しく効果的に使うポイント

寝起きやお風呂上がりなどにヘアブラシで髪を梳くことで、髪の毛は一定の流れを作り綺麗に整えることが出来ます。しかし、何も考えずにただ適当に髪にヘアブラシを入れると、髪を綺麗に見せるどころか逆に髪を傷めてしまうことがあります。ヘアブラシの使い方なんて誰かに教わるものでもありませんから、適当に使っているという方も多いかもしれません。

 

ヘアブラシを正しく使うためには、まず正しいブラシを選ぶことが大切です。ヘアブラシにオススメなのは、天然素材で作られた物。髪の毛と擦れ合う部分には、天然素材を使用している物が良いでしょう。最近ではナイロン製などの手入れが簡単なヘアブラシが販売されています。しかし、それらは静電気などで髪を傷めることもあるので、出来る限り獣毛を使った天然物が良いでしょう。

 

次に、ブラシを使うべき髪の毛の状態です。髪の毛は、軽く湿った状態がベスト。お風呂で頭を洗って髪の毛を乾燥したタオルで拭いて、水分を完全に拭き取ったぐらいでいいでしょう。乾燥しすぎた状態だとブラシとの摩擦で静電気を起こしたり、水分が多い状態だと綺麗に梳くことが出来ません。寝起きなどであれば髪の毛に霧吹きで軽く湿らせる程度はしておきましょう。

 

そして、最大のポイントとなるのがヘアブラシの使い方です。一番多いやり方というのが、髪の生え際あたりにブラシを入れ、根本から毛先に向かって梳いていく方法です。多くの方が行っているこの方法、実は間違っています。正しい梳り方というのは、まず最初に毛先部分から梳いていくというもので、毛先部分のつまんでそこにブラシを入れて毛先の方へ軽く払うようにブラシを動かします。抵抗がないようだったら少しずつ上に移動していって、最後に根本から毛先へ梳るのです。毛先から梳ることで途中の髪の縺れというのも先だって発見出来ますので無駄に髪の毛を傷めることがありません。

 

シャンプーやコンディショナー、トリートメントに気を使っていても、どんなに丁寧にドライヤーで髪を乾かしてもブラッシングで失敗すれば全ては台無しです。正しいブラッシングで綺麗な髪を維持するようにしましょう。

 

 メイソンピアソンを実際に使ってみた口コミ!お勧めの購入場所も紹介!のTOPページへ

page top