美しい髪の毛の為にはまずヘアブラシから

美しい髪の毛の為にはまずヘアブラシから

美しい髪の毛のためにはブラッシングは欠かせません。
しかし間違ったブラッシング方法では、髪の毛を傷めてしまうこともあり、正しいブラッシングを身に着ける必要があります。
まず、ブラッシングをする時に使うヘアブラシを選びます。
髪の毛には細い、太い、くせがある、ないなどの特徴があるように、自分自身の髪の毛のタイプを見てみましょう。
細い髪の毛は絡まりやすく、目の詰まったヘアブラシでとかすよりも、目の粗いスケルトンブラシで髪の流れに沿ってとかすと良いでしょう。髪が太い、量が多めの人には、目の詰まったデンマンブラシなどがおすすめです。
くせがある人におすすめのヘアブラシは猪や豚の毛を使ったヘアブラシです。クセをしっかりと伸ばす効果があるので、ストレートパーマをかけなくても、ある程度のクセであれば猪や豚の毛のブラシでブローすればストレートヘアーを作ることが可能です。このヘアブラシは静電気を起こしにくい利点もあります。静電気は髪の毛を傷めてしまう原因の一つでもあるため、髪の毛を優しくいたわる方法としてもおすすめのヘアブラシです。
クセのない真っすぐな髪の毛をカールさせたり、クセをつけたりするにはロールブラシを使います。内巻き、外巻きなど好みの方向にカールさせて使います。ブラッシングは基本的に毛先のからみを取ってから全体をとかします。毛先を中心にスケルトンブラシやデンマンブラシを使って丁寧にとかします。

 

髪の毛を洗う前にとかす時も、毛先をといてから続いてトップから毛先へととかします。
洗った後の濡れた髪の毛をとかす時は、出来るだけ水分をふきとってからヘアブラシを使います。
水分はタオルを使って丁寧にふきましょう。
濡れた髪の毛をとかす時に髪の毛を傷めてしまうことも多いのです。
それからヘアブラシを清潔に保つことも、美しい髪の毛を維持するためには必要なことです。
シャンプーの際に一緒に水洗いするのもおすすめです。
水洗いする前には付着している髪の毛やホコリはきちんと取り除いてから行いましょう。美しい髪の毛の為にはヘアブラシも髪の質や用途に合わせると良いのです。

 

 メイソンピアソンを実際に使ってみた口コミ!お勧めの購入場所も紹介!のTOPページへ

page top