静電気が起きないヘアブラシ-メイソンピアソン

メイソンピアソンは静電気が起きにくいヘアブラシです。

髪の毛にとって静電気は大敵ですよね。
静電気が起きてしまうとキューティクルが無くなってしまいますし。
そもそも静電気はその名の通り電気なので髪の毛が傷んでしまいますからね。

 

静電気の事を考える美容意識の高い人にお勧めなのがメイソンピアソンです。
メイソンピアソンは猪毛で作られているので静電気がかなり起こりにくくなります。

 

これはブラシの毛自体に適度な水分と油分が含まれているのでそれが髪を梳かした時に髪の毛に行き渡り静電気が起こりにくくなるんです。

 

でももし静電気が起きないヘアブラシが欲しいのなら猪毛100%のタイプのメイソンピアソンを購入して下さい。
メイソンピアソンの種類に猪毛とナイロンの毛が混じっているタイプがあるのでこのタイプだと若干猪毛100%のタイプに比べると静電気は起きるかもしれません。
万全を期すなら猪毛100%がお勧めです。
このナイロンの毛が混じっているタイプがダメという訳ではなく使う目的が違うだけです。
このタイプは髪質が硬かったり量が多くてブラシが通りにくい人用にちょっと長めのナイロン毛を入れて櫛通りを良くしている商品なのです。

 

 

あと猪毛にも硬いものから柔らかいものが有りますのであまり堅いと嫌だという人は軟質猪毛100%を選ぶのが良いと思います。

 

 

>>メイソンピアソンの詳細はこちらから

静電気が起きてしまうヘアブラシ

静電気が起きてしまうブラシは基本的にプラスチック製やナイロン製、塩化ビニール製(この3つは似たようなものです)のもので出来ているブラシです。
髪の毛はプラスの電気を帯びているのでマイナスの作用があるヘアブラシで摩擦を起こすと静電気が発生してしまうんですね。

 

静電気除去タイプのヘアブラシもありますがあれは根本的な事は解決出来ていないのでオススメ出来ません。
ただ静電気を起きにくく処理しているだけなので静電気は起きてしまいます。

 

ではどういったものが静電気が起きないヘアブラシなのかと言うと先程あげたプラスチック製、ナイロン製、塩化ビニール製以外の素材で作られたヘアブラシが静電気が起きないヘアブラシとなります。

 

有名なのはメイソンピアソンで材質は毛に猪毛、持ち手の部分は木をクッション部はゴムを使っているので殆ど静電気が起きません。
殆どと書いたのは静電気が起きない材質を使っては居ますがまれに酷い帯電体質の方もいらっしゃるので殆どと書きました。メイソンピアソン自体が静電気を起こしてしまう訳ではありません。
酷い帯電体質の方は塩化ビニール製のヘアブラシを使えばもっと酷い静電気を起こしてしまうのでかなり髪の毛が傷んでしまいます。

 

メイソンピアソンってどんなヘアブラシか知らない方は私がレビューしていますので見てみて下さい。

 

ポケットミックスの色の種類

page top